シミウスとビーグレン 本当におすすめなのはどっち?

シミウスもビーグレンも、どちらも美白効果の高い化粧品として人気を集めています。でも、より美白効果が高いのはどちらの商品なのでしょうか?

 

価格や使い方、成分など複数のポイントからふたつの商品を比較し、よりオススメなのはどちらなのかを調べました。

 

 

→ネットで人気のシミウスとは?詳しくはこちらをチェック


実はこんなに違うんです!

シミウスとビーグレンは、どちらも美白効果の高い化粧品ですが、使い方にも機能も全く違うんです。シミウスは化粧水やクリーム、美容液などの機能が1つに詰まったオールインワン化粧品です。

 

洗顔後やお風呂上がりに塗るだけで、スキンケアがワンステップで完了します。さらにマッサージクリームとしての機能もあるので、むくみ対策やリフトアップにも効果です。

 

マッサージをすると美容成分が浸透しやすくなるので、毎日続けているという方もいます。伸びが良く肌に浸透しやすいので、化粧下地として使えば、化粧ノリが良くなる効果も期待できますよ。

 

一方、ビーグレンは化粧水や美容液などお手入れのステップごとに別々のアイテムを揃える必要があります。そのため、スキンケアの手順が完了するまである程度の時間がかかります。

 

仕事で遅く帰ってきたり、子育てで忙しくスキンケアになかなか時間を避けなかったりという女性も多いですよね。スキンケアをできるだけ簡単に済ませたい、時短ケアを始めてみたいという方には、シミウスが特におすすめです。

より肌にやさしいのはどっち?

肌がデリケートな方や、敏感肌やアトピー肌で悩んでいる方には、どちらのアイテムがより適しているのでしょうか。シミウスは植物など自然由来の原料を使った天然成分を中心に配合しています。

 

敏感肌やアトピー肌でもトラブルなく使えると口コミでも評判なんです。さらに、グリチルリチン酸ジカリウムなどの消炎成分も配合されているので、ニキビやアトピーによる炎症を抑える働きもあります。

 

プラセンタエキスやコラーゲン、ヒアルロン酸など保湿力に優れた成分も豊富に配合されています。これらの成分が肌の奥まで浸透しやすいようナノ化されているため、乾燥肌の改善も期待できるんです。

 

 

ビーグレンの製品には、ハイドロキノン誘導体という美白成分が配合されています。ハイドロキノンといえば、数年前に白斑などの副作用を起こす成分として問題になりました。
メラニンを分解したり、メラニンの生成を抑制したりする働きのある強力な成分ですが、肌荒れなどの副作用を起こす危険もあります。

 

ビーグレンに使われているハイドロキノン誘導体は、ハイドロキノンと似た効果を持っているものの肌への刺激は少なく、美白化粧品にも広く使用されています。ただし、人によっては刺激や痒みを生じる場合もあります。

 

特に肌が敏感な方や、過去に化粧品で肌荒れを起こした経験のある方には、ビーグレンよりもシミウスをおすすめします。

 

 

→シミウスの成分について詳しくはこちら

コスパを重視するならどっち?

基礎化粧品は毎日使うものだからこそ、効果だけでなくコスパも重視したいですよね。よりコスパの良い商品はどちらなのでしょうか?

 

 

ビーグレンは化粧水やクリーム、美容液などをライン使いをするとより効果的です。単品購入もできますが、初めて購入する時にはセット購入が便利です。

 

最安値は14,580円(税込)で購入できる「シンプルケアセット」です。より美白効果が高いアイテムを選ぶのであれば、28,620円(税込)の「ホワイトベーシックケアセット」もおすすめです。

 

小じわやたるみが気になるという方には、「プレミアムケアセット」が効果的です。こちらは41,256円(税込)で購入できます。

 

 

シミウスなら、一つで10役を兼ねるオールインワンジェルなので、ライン使いの必要はありません。通常価格は5,122円(税込)ですが、公式サイトからお試しコースを注文すれば、20%オフの4,098円(税込)で手に入ります。

 

よりコスパを重視したいという方にはシミウスがおすすめです。

 

 

→シミウスのお試しコースとは?詳細は公式サイトで

 

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

 

 

 

 

_